耳遠い 聞き取りにくい 原因 対処法

最近耳が遠い、原因と対処法

スポンサーリンク

耳が聞き取りづらい、会話が聞き取りにくいと思えることが感じるようになった時は耳の異常かも知れません。
一般的には、耳に異物が入り一時的に聞き取りづらい状態がある場合、環境が影響している可能性、神経系の原因から来る場合、肉体的な疲労との一時的な症状、コンサートなど大音量での音楽鑑賞後、など病気的な面と環境的な面などいろいろ考えられます。
@耳に異物が入る、水、異物や耳掃除を指定なかった、耳の水分が多き体質の為に外耳道まで耳垢が出てこず、奥の鼓膜近くで耳垢が固まるなどの場合などは、取り除く事で解消出来ます。この場合音がこもった状態が多いです。
A大音量での環境下で長時間いた場合などは、耳の感覚神経を損傷して起きる状態で、軽度の場合は自然治癒力で回復しますが、神経を傷つけてしまった場合、または、長期に治らない場合などは、治療が必要の場合などあります。
B環境下での影響として、山登りや飛行機に乗った時など、または、海で潜った場合などのように、気圧の関係で起きる症状。

スポンサーリンク

C精神的な影響から、の場合などはストレス、極端な肉体的な疲労が貯まる、睡眠不足など生活環境からくる場合は、初期ではあまり影響はないのですが、この原因が長期化した場合には、今症状が睡眠となる、自立神経を乱すなどが慢性的に続く為に症状を悪化させ慢性状態になるので、注意が必要です。
D年齢からくる原因、加齢とともに耳の感覚神経、感覚細胞の機能が低下する事で、耳が聞き取りにくい症状が年齢とともに起きやすくなります。俗に難聴と言われるもので、この場合は身体的にも加齢の部分の要因は直すことが難しいので、彼以外の糖尿病、更年期障害、自立神経障害など、他の要因からなる事のないように健康に注意が必要です。
耳が遠い、場合には治療、補聴器などの補助器具でカバー出来ますが、病的な面では治療が難しい場合がありますので、聞き取りにくいと感じるようになったら、気になりだしたら一度原因を調べることをお薦めします。
特に、年齢が若い方はそれほどと思っても、軽く考えず検査も考えてみてください。
時には、ストレス、風邪などから突発性難聴などにもかかるケースがまれにありますので、気になったら検査を心がけてます。
早期に治療ができれば、将来的に安心できます。

スポンサーリンク