音が響く耳の違和感とは

音が響く耳の違和感とは

スポンサーリンク

音の聞こえ方が普段と違って妙な感じがしたり、自分の声が強く響くといった耳の違和感。
それは病気である可能性があります。
おもに難聴や耳管狭窄症といった音が聞こえにくくなる病気もありますが、音が響くような違和感のものは、そういった病気よりも耳管開放症である可能性が高いと思われます。
症状としては自分の声や呼吸音がよく響いたり、耳が詰まったような閉塞感があるというのが多くみられる傾向にありますが、聴力検査などでは異常がないために発見しにくい病気でもあります。
おもな原因としては過度のダイエットやライフスタイルの影響による体重減少などがあり、他の病気も併発している可能性もあるために、詳しいことを知るためにも医療機関を受診して、医師の診断を仰ぐことをお勧めします。
ただし専門の病院でもなかなか発見が難しいこともあるので、あらかじめ医師にこのような症状があり、こういった病気の可能性はないかと尋ねてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

治療方法に関してはいろいろありますが、綿棒や噴射、注射器などで直接耳管内に薬をつけることで閉鎖させて治療するというものや、漢方薬を利用した治療法、重度のものは手術を実行しているクリニックなどもあります。
しかし認識度の低い病気ゆえに積極的に治療を施しているクリニックの数は少なく、狭窄症と誤診してしまうケースもよくあるようです。
ちなみに軽度のものでは自然治癒することもありますし、こういった治療方法以外にも、予防という意味でライフスタイルを見直してみるという方法もあります。
まずは過度なダイエットや激しすぎる運動は控えることが基本です。
とくに急激なダイエットは、体にとって負担が大きいので、他の病気の症状なども発症してしまうこともあります。
またそれらしい症状が見られたら、横になって安静な姿勢でリラックスするようにしましょう。
そして脱水症状が出ると発症することもあるので、水分補給も忘れずに心がけるようにしてください。

スポンサーリンク