赤ちゃん 耳 膿

赤ちゃんの耳から膿が出た場合、原因や治療法について

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんは大人や成人に比べて体の免疫力が低下しているので、色んな病気の発症率が高くなっています。
その一環として耳から膿が流れてしまうことがありますが、原因として急性中耳炎という病気になっていると発生することがあります。
これは風邪をひいた時に合併症として発症することが多く、高熱が出た後に痛みだすといった流れになっています。
炎症が出来ると痛みを感じるようになりますが、症状が悪化した場合において膿が出てくることがあります。
特に赤ちゃんは大人に比べて細菌に感染しやすいため、こういった病気になる確率も高くなっています。
症状として頭を左右に振ったりして痛み出すことが多いため、保護者は夜泣きと勘違いをして見逃してしまうことがあります。
ですがきちんと症状を見極めていけば、すぐに病気であることが判別できるのが特徴となっています。
なので病気の発症原因については、細菌などの感染によって急性中耳炎というものが発生することがあります。

スポンサーリンク

 赤ちゃんが耳から膿が出てしまうのは病気が大きく関係していますが、次に具体的な治療方法について調べていきます。
これが大人の場合には自然に完治することが多いですが、赤ちゃんの場合には耳鼻科を受診した方が良いです。
理由として強い痛みを感じる病気でもあり、大人に比べて免疫力が下がっている傾向もあります。
そのため放置しておくと他の病気を誘発してしまうことがあるので、早急に治療をして完治させる必要があります。
また保護者が面倒をみる際の注意事項として、膿については素手で触れないようすることが重要です。
素手で触れると病気が二次感染をしてしまうことがあるため、出来るだけ患部についてはティッシュなどを使用して触っていきます。
また枕やタオルなどは赤ちゃんが使用した度に、すぐに洗濯機で洗うことによって洗浄することが出来ます。
このように病院にすぐに連れて行くことが前提となりますが、自宅では膿に素手で触れないように注意をすることが不可欠となります。

スポンサーリンク