耳に水が溜まる 病気 治療法

耳に水が溜まる病気の原因や治療法

スポンサーリンク

耳に水が溜まることによって音が聞こえづらくなってしまう病気があり、それを滲出性中耳炎と呼ばれています。
症状は中耳と呼ばれる耳の器官に水が溜まってしまうのが特徴であり、プールやお風呂からではなく体内で起こるのがポイントです。
つまり細菌などに感染する場合や耳掃除をしすぎた時において、膿が耳の中から出てしまうことがあります。
それが詰まってしまう病気が滲出性中耳炎というものであり、耳に水が溜まるといった症状になることが多いです。
水が溜まっているかのような状態になるので、症状として聴力が低下することが多くなっています。
特に以前に比べてテレビの音量を上げるようになった場合においては、滲出性中耳炎を発症している可能性が高いです。
基本的に初期症状であれば痛みは感じませんが、悪化することで耳に違和感を感じてしまうことがあります。
最終的には手術が必要となることがあるので、なるべく初期症状の内に病院で治療を受けるのが望ましいです。

スポンサーリンク

 聴力が低下する病気として滲出性中耳炎と呼ばれるものがあり、耳に水が溜まることによって音が聞こえにくくなります。
そこで治療法について調べていくと、耳に症状が出ていますが鼻やのどについても治療する必要があります。
鼻やのども同時に治療をしないと再発する可能性が高いため、耳と並行して進めていく流れとなっています。
ですが治療方法についてはシンプルとなっており、鼻汁の吸引や内服薬による症状緩和が中心となります。
保険適用されることが多い治療となっているので、治療費についても高額にならないのがポイントとなっています。
また病院での治療と同時に睡眠を取ることも重要であり、それによって体の免疫力を高めていきます。
なので夜更かしなどをしないで早めに就寝することが、病気を早く治すための秘密となっています。
このように病院で処方された薬を服用するのと同時に、体の免疫力を高めていくために一定時間以上の睡眠を確保することが重要です。

スポンサーリンク