外耳炎耳 だれ止まらない

外耳炎耳だれ止まらないなどの症状があります。

スポンサーリンク

 「外耳」とは、耳の穴から鼓膜までのことです。
この部分に炎症が起こると「外耳炎」となります。
外耳炎の症状としては、耳に痛みを感じ、引っ張ったり押したりすると、その痛みは強くなります。
また、外耳炎耳だれ止まらないといった症状や、かゆみ、ヒリヒリとした灼熱感なども症状として挙げられます。
外耳炎は、内耳炎とは違い、放置しておいても数日で自然治癒する場合も多いのですが、数日経過しても、外耳炎耳だれ止まらないなどの症状が治まらない場合には、耳鼻科を受診するようにしましょう。
 外耳炎になる原因として多いのが、耳掃除のしすぎとなります。
耳掃除で、外耳に小さな傷をつけてしまうことは、稀なことではありません。
外耳道の奥は、非常に皮膚が薄いので、少しの刺激でも傷ついてしまうことが多く、傷から細菌が侵入してしまい、細菌感染が起こり外耳炎が発症するというわけです。
耳掃除は、あまりやり過ぎるのはよくないということを、認識しておきましょう。

スポンサーリンク

 外耳炎は、耳を触らないようにして、刺激を与えない状態をキープしておけば、耳の中の分泌物や酸性度は正常値に戻ります。
前述しましたように、自然治癒するケースも多いのが特徴の病気です。
ただし、3日以上経過しても、症状が改善されない場合には、耳鼻科で治療を受けるようにしましょう。
 耳鼻科で一般的に行なわれる、外耳炎の治療については、吸引器や脱脂綿などを使って、耳だれなどの感染による分泌物を取り除きます。
耳が聞こえにくいという症状がある場合には、多量の分泌物が、耳の外耳道を塞いでしまっている状態です。
耳から分泌物を取り除いた後は、患部を消毒します。
そして、抗生剤や副腎皮質ステロイド入りの軟膏が塗布されます。
さらに、1週間ほど抗生剤の内服薬が処方されるようになります。
 軽度の外耳炎であれば、1回の通院で済む場合が多いのですが、耳だれ止まらないといった症状があった場合には、数回の通院が必要となります。
完治するまでは、耳の中を触らないようにし、もちろん耳掃除は厳禁となります。

スポンサーリンク