耳が聞こえにくい めまい 原因

耳が聞こえにくい症状とめまいが同時におきる原因について

スポンサーリンク

まず始めに耳の構造について説明します。
耳には、外側から外耳、中耳、内耳となっています。
外耳とは、耳介と外耳道からなり、中耳は鼓膜とつち、きぬた、あぶみ骨からなります。
この外耳と中耳は主に音を集め伝える力があります。
一方内耳は、蝸牛と半規管、前庭そして聴神経からなります。
この内耳には、音を感じるだけでなく、平衡感覚を感じる機能があります。
そのため、耳が聞こえにくいのとめまいが同時に起きる場合、原因としてあげらるのは、内耳が悪い可能性が高いです。
詳しく言うと、主に蝸牛により音を感じるため、耳が聞こえにくいのは蝸牛に問題があると考えられます。
蝸牛には外リンパ液があり、音の振動によりこの外リンパ液は振動します。
その振動で有毛細胞も揺れその刺激が聴神経を伝わることにより、音が聞こえます。
一方、半規管、前庭により平衡感覚をかんじるためめまいは半規管、前庭の障害が考えられます。
半規管にはクプラという構造が存在し、回転加速度を感じます。
前庭には耳石が存在し、直線加速度を感じます。

スポンサーリンク

耳が聞こえにくい場合は蝸牛が、めまいがおこる場合は半規管、前庭が原因として考えられます。
しかし、この2つの症状が同時に起こる場合として、最も考えられる原因は「聴神経の腫瘍」です。
もし、蝸牛が障害されたとしても平衡感覚には問題は起こりませんし、半規管、前庭が障害されたとしても聴力に問題はおこりません。
しかし、蝸牛・半規管・前庭で得た情報を伝える聴神経に問題が障害が起こってしまったら、蝸牛・半規管・前庭すべてで得られた情報が伝わらなくなってしまいます。
つまり、耳が聞こえにくい症状とめまいが同時におきてしまうのです。
では、ここからは聴神経腫瘍について説明します。
聴神経腫瘍とは、正確には前庭神経鞘腫と言われます。
主な症状としては、耳鳴り、めまい、ふらつき、難聴(片方の耳におこり、突然もしくはゆっくり聞こえなくなる)があります。
症状としては、経過観察・放射線治療・開頭手術があげられます。
経過観察とは、何もせずに様子をみることです。
聴神経腫瘍は、自然に小さくなることが多い(特に高齢者で)ため、この治療法がとられることがあります。
症状が出ている場合、放射線と手術がありますが、放射線の方がよいといわれています。
なぜなら、手術は非常に難易度が高く合併症の危険も考えられるからです。
しかし腫瘍の大きさが3cmを超える場合は、手術での治療が進められています。

スポンサーリンク