飛行機 耳 聞こえない 原因

飛行機で耳が聞こえない症状の病名と原因

スポンサーリンク

出張や旅行で飛行機で移動中、耳が突然聞こえなくなる人がいます。
航空成虫自演と呼ばれていますが、放置していてそのまま完治する人も少なくありません。
また、全く完治せずに病院を受診する人もいます。
飛行機のせいだけでなく耳に異常がある場合も稀にあります。
多くの場合、原因として考えられるのは気圧の変化です。
気圧が変化することによって、鼓膜の内側にある空気と外気に差が生じてしまうため、聞こえない事を指します。
軽症の場合は水を飲んだりあめをなめたり、あくびをすることで完治しますが、重症の場合は医療機関に出かけて治療を受けてください。
聞こえない原因となっている気圧の変化に身体がなじむ必要があります。
鼓膜の内側に空気を送り込む方法はありますが、あまり強くやると鼓膜が破れてしまうため、やり方に自信がなければ避けてください。
また、比較的鼻炎や風邪を引いている時に移動をするとなりやすいといわれています。
そのため、移動前に風邪を治しておくこと、移動するときに風邪を移されないようにうがいや手洗い、更にマスクをつけて移動してください。

スポンサーリンク

飛行機に乗っているときに耳が聞こえない事にならないよう、事前に原因を取り除いておく必要があります。
例えば、搭乗前から少しずつ水やあめをなめていることが、症状を避けるために大切です。
特に飛行機が空港に着く前に高度を落としている場合、なりやすいといわれています。
そのため、できるかぎり下降している時にも飴やあくびを忘れないようにすることが、症状を引き起こさないために必要です。
風邪を引いていないのに聞こえなくなってしまう場合、飛行機に乗る前に最寄のかかりつけ医師に相談してください。
医療機関で適切な治療を受けることによって、症状が出なくなることは珍しくないからです。
あまりにも症状がひどい場合には、鼓膜を切開して治療しなければなりません。
病状悪化を避ける為、必ず治療を事前に行うこと、定期的に治療を行うことが、予防につながるからです。
飛行機に乗る前に耳鼻科に出かけてから乗ることで、聞こえない原因を排除できる可能性があります。
精神的に何度も起こると自分で精神的に追い込まれてしまうことが少なくありません。
そのため、出かける前に医師に相談することで対策にもつながります。

スポンサーリンク