急に 耳が 聞こえにくい 原因

急に耳が聞こえにくいと感じられる原因は何か

スポンサーリンク

急に耳が聞こえにくいと感じられる場合には、まず、原因を探ってみることが大切です。
例えば、エレベーターに乗って地上から何回も上の階まで一気にのぼるという時など、これは自然的な現象と言えます。
そうではなく、何もしていないのに、急に耳が聞こえにくいと感じられることもあるはずです。
この時の原因は、自然現象的なものではないため、病気が考えられます。
よく起こりやすいのは突発性難聴です。
突発性難聴は、その名のとおり、突然、難聴になります。
前触れを感じられないこともあるので、厄介です。
その原因として考えられるのは、ストレスかもしれません。
仕事が忙しく、寝る時間も十分にとれないという時など、起こることがあります。
すぐに耳鼻科を受診することがポイントです。
早急に治療をすれば、すぐに治ることもあります。
また、高齢者の場合は、老化現象によるものも考えられます。
この場合にも、早急に耳鼻科を受診すべきです。
老化現象であれば、補聴器を利用するなどの対処法が有効的となってきます。
他には高熱を出してからの影響の場合もあります。

スポンサーリンク

急に耳が聞こえにくいと感じられたら、いつからなのか、どんなふうに感じられるのかというように、細かなチェックが必要です。
というのも、状態によって様々な原因が考えられるからです。
例えば、数日前にインフルエンザにかかり、高熱を出していたという場合には、中耳炎が考えられます。
高熱後の症状として中耳炎はよく挙げられるものだからです。
この場合には耳鼻科を受診し、薬の服用によって治っていきます。
特に、滲出性中耳炎であれば、音がこもったように聞こえるので、判断がつきやすいものと言えます。
浸出液を取り除けば、自然と元のとおりに聞こえるようになります。
一般的には、両方の耳が急に聞こえにくくなるということは滅多にありません。
片方だけなので、聞こえる方の耳で多少はカバーできます。
そのため、ひどくなるまで放置してしまう人も居ます。
しかし、放置すると治りが悪くなってしまうため、気づいた時点で耳鼻科を受診すべきです。
老化現象によるものの場合、両方の耳がどんどん聴こえにくくなってしまうこともあるため、特に注意が必要です。

スポンサーリンク