耳が遠い 原因 老人性難聴

耳が遠い「老人性難聴」の原因

スポンサーリンク

 一般的には、「耳が遠い」という言い方をされる「老人性難聴」は、加齢が原因の聴覚障害となります。
テレビの音量を大きくするようになったり、会話中に何度も聞き返すようになるなど、本人よりも家族が異変に気が付くケースが多いのが現状です。
老人性難聴の場合には、聴覚が徐々に低下していきますので、耳が遠いという自覚が本人にはないというのが特徴となります。
 老人になると耳が聞こえにくくなるというのは、「老人性難聴」というれっきとした病気です。
そして、原因が加齢によるものなだけに、現代医学においては、回復不可能な病気のひとつとされています。
ゆえに、老人性難聴には、薬物療法ではなく、補聴器などの機器で、聴力を改善させるというケアが行なわれています。
 老人性難聴になると、高音域の音から徐々に聞こえにくくなるという症状が現われてきます。
つまり、甲高い声などは聞き取りにくいというわけです。
また、ほかに耳の病気を抱えている場合には、老人性難聴の進行が早いといわれていますので、特に注意が必要です。
 

スポンサーリンク


 人は誰でも年をとりますので、誰しも老人性難聴になる可能性があります。
ただし、予防法次第で、この病気を防ぐことはできます。
予防策としては、普段から耳を酷使しないように気をつけることと、酷使した後は十分に耳を休めるということです。
また、栄養を十分に摂るということも予防法として有益です。
ある大学の研究結果によると、耳の栄養分として有益なのが「コエンザイムQ10」なのだそうです。
コエンザイムQ10は、ドラッグストアなどで手軽にサプリメントを入手することができます。

 耳は、大きな騒音にさらされ続けた場合には、耳の内耳器官にある、音を脳に届ける役割を持つ「有毛細胞」が少しずつ壊れていきます。
ゆえに、大きな音に常時さらされているような環境下にいる方は、耳の老化が加速する可能性が高くなります。
老人性難聴という病名からは、連想されにくいのですが、環境によっては30代後半から症状を発症することもあるのが、老人性難聴です。
 

スポンサーリンク