耳 高音 響く 原因

耳に高音が響く原因とは

スポンサーリンク

耳に高音が響く、という病気があります。
これは食器の当たる音や甲高い女性の声を聞いただけで、思わず耳を覆いたくなるほど頭に響くのが特徴です。
これは聴覚過敏と言われているものです。
そしてこの状態になった人の多くは、高音が頭の中で響くために、頭の中がまっしろになったり、意識がもうろうとするため、横になるしかなくなると言われています。
では、それが起きる原因とは一体何なのかと言えば、自律神経の一つである交感神経が過剰に反応してしまうことにあります。
これは神経伝達が一種の興奮状態にあると言うこともできます。
自律神経がそのような反応を示す原因としては、睡眠不足があげられます。
これは多忙を理由に休む時間があまり取れない人に当てはまるものです。
こういうタイプの場合、緊張を感じる時間が必然的に長くなるので、気の休まる暇がなくなります。
そして気が高ぶるからこそ、床についても眠れないという状態になりがちなのです。
そのため、自覚があるのであれば、スケジュールを見直して休む時間をきちんと取り、リラックスできるようにしましょう。

スポンサーリンク

交感神経が緊張する原因としては、肉体的な疲労もあります。
神経の調子がおかしいと言えば、頭脳労働を長時間続けた結果だというイメージがありますが、肉体労働の連続でもそれは充分に起こりえるのです。
慢性化している持病があり、常用している薬があるときもそれが起きることがあります。
これは病気が他の病気の引き金になるというパターンの一つであり、生活習慣を見直す必要があります。
耳に高音が響くからと、耳栓をしてしのごうとすると、かえって逆効果になることもあります。
これは耳を使わないことによってその機能が萎縮し、交感神経のバランスがそのせいで崩れてしまうからです。
そのため、耳栓を使うのであれば、日常的に用いるのではなく、騒音や話し声が頭に響き、どうしても耐えられない、というときだけにしましょう。
では、このタイプの病気になったときは、どうすればよいのかと言いますと、耳鼻科に足を運び、担当医の指示を仰ぐようにしましょう。
基本的に投薬による治療となるので、そんなに苦しいことはありません。
苦しいときは専門家に相談してみるようにしましょう。

スポンサーリンク