耳 高音 聞き取りにくい 原因

高音になると耳から入ってくる情報が聞き取りにくいその原因とは

スポンサーリンク

若い頃はどんな音でも拾い上げる力があるため、聞き取りにくいという症状は少ないですが、年齢を重ねると次第に症状は進行します。
年寄りになると音を聞き取る能力が衰えるため、耳が遠いや聞き取りにくいといった場面が増えます。
これは聴力の音域が狭くなるために起こり、加齢が原因なので改善する可能性は低いです。
原因を突き止め、なるべく早く改善すると良いですが、耳はとてもデリケートな器官なので放置するとますます進行します。
聞き取りにくくなってしまった耳を改善する確かな治療法が無いため、日常生活の見直しが大切です。
耳に負担をかけていないか、食事管理や運動管理を見直し、原因を突き止め改善を目指します。
年寄りになると日常会話の中でも聞こえる音と、聞き取りにくい音があります。
比較的低音は聞き取りやすいですが、高音は聞き取りにくい傾向があります。
これは聴力が鈍くなり、音が拾えなくなっている事を指しています。
この状態になると至近距離で会話をしても、大きな声で話しても聞こえないため、相手に同じ内容を尋ねる事になります。

スポンサーリンク

高音で会話をすると、音は聞こえても会話の内容を全て聞き取れるわけではないため、内容を把握するのは難しくなります。
それを補助するのが補聴器ですが、商品によって機能や効果は大きく異なります。
高性能な補聴器であれば聞き取りにくい音を拾いあげるのが得意ですが、通常の補聴器であればある程度の音のみ聞き取れるようになっています。
そのため聴力の具合に合わせて一人一人慎重に見極める必要があります。
また周囲のサポートも必要です。
音が聞き取りにくい人がいれば、会話を一工夫すると良いです。
聞こえていないと感じたら、ワントーン下げた音で会話をしたり、ゆっくり話すと良いです。
急に話しかけるとビックリしてしまうので、肩を軽く叩く等、動作を加えて話すと良いです。
話し方を工夫するだけで、高音が聞き取りにくい人でも問題無く会話を楽しめます。
聞こえないと何度も聞き直してしまいますが、その都度に負担は増えます。
その負担を軽くするためには双方の努力が必要です。
見直せる点は見直し、良いものを取り入れる事で友好な付き合いができます。

スポンサーリンク