花粉症 耳がつまる 聞こえにくい 原因

耳がつまる・聞こえにくい原因が花粉症

スポンサーリンク

花粉症の症状は多岐にわたり、稀にいるけれどあまり聞かない症状のひとつが、耳がつまる・聞こえにくいなど耳に関する物です。
原因のひとつが鼻のかみすぎと言えます。
花粉症だけでなく、風邪を引いているときにも起こりやすい症状です。
花粉症や風邪のせいで耳の内側の粘膜が炎症を引き起こし、耳がつまる・聞こえにくいなどの症状が起こりやすいといえます。
基本的に風邪や花粉症のシーズンが過ぎると完治しますが、それでも季節が過ぎるまで待ち続けるのは苦しい物です。
そこで、対策として挙げられているのが、原因となる炎症を治す方法と言えます。
医療機関で治療を行うことが大切ですが、それ以外にも鼻うがいを行うことで完治を早める可能性が高くなっているので、ぜひ試してください。
試す場合、むせてしまわないように注意して、常温の水あるいはぬるま湯で行うと簡単に済みます。
毎日継続して鼻うがいを行うことで、炎症が軽減化する人も少なくありません。
ただし、あまり強くやりすぎると機関に入ってむせる可能性もあります。
少しずつ慣らすように行うことが大切です。

スポンサーリンク

また、耳がつまる・聞こえにくいなどの症状が出る前に、花粉症の治療を行うことこそ重要です。
治療はシーズンになる前、シーズンオフの時期から行うことが大切となっています。
そのため、自分が発祥する原因の花粉を知ってください。
アレルギー科などで血液検査によって治療を行えますので、治療を行う前に検査は必須です。
検査を適切に行うことで、アレルゲンとなる原因をはっきりさせ、治療を正確に行えるようになります。
根治療法でアレルギーに対しての抗体を作る治療法をはじめとして、レーザーで刺激を受けやすい部分を焼く方法など様々な方法がある為、医師と相談してください。
鼻の症状が緩和されることで多少鼻づまりが解消され、結果として耳に負担のかかる症状は軽減あるいはなくなります。
症状が出てしまった場合、やさしく鼻をかむことで耳への負担を軽減できるので注意してください。
あまりに大量に出るからと強くかむことで、鼻の中の粘膜や鼓膜に対して傷をつけてしまう可能性が高いからです。
ひどい時には鼓膜が破れる可能性も懸念されるため、必ずそっと鼻をかんでください。

スポンサーリンク