突発性難聴 聞き取りにくい 原因

聞き取りにくい原因の一つに突発性難聴という症状があります

スポンサーリンク

近年、音や誰かの話す声が聞き取りにくいと感じる人が増加傾向にあるといわれています。
その原因の一つに、突発性難聴という症状が考えられます。
音は外耳から入り、中耳を通ってさらに奥の内耳へと伝えられます。
音が内耳まで届くと、そこで電気的信号に変えられ、神経を介して脳に伝わっていきます。
これらの過程で障害が生じると、聞こえが悪くなり難聴となるのです。
突発性難聴により、音や声が聞き取りにくいと感じる原因はいくつかあります。
鼓膜に傷がついたことによるものや聴覚を司る感覚器官である蝸牛が大きな音や衝撃により損傷を受けたことによって起こるもの、風邪やインフルエンザが原因で起こる場合もあります。
またその他にもダイエット等により体重が減少した事が原因となることや、精神的、身体的ストレスにより耳鳴りやめまいが起こる、また薬の副作用でも症状が起こる事もあります。
このように何らかの原因が分かればいいのですが、突発性難聴の怖いところは、原因が分からずある日突然聞き取りにくいと感じる事もあるのです。
大事なのはなるべくストレスを溜め込まずに発散するよう心がける事です。

スポンサーリンク

音や誰かの話す声が聞き取りにくかったり、めまいがする等といった症状があらわれた場合は早めの治療が重要です。
ですので、なるべく早めに耳鼻咽喉科の専門医を受診するといいと思います。
早めに治療を開始する事で重症化を防ぐ事ができるものも多くあります。
一番怖いのが放っておく事です。
そのうち治るだろう等と安易な考えで受診せず、治療を始めないでいると、耳が全く聞こえなくなったり、他の病気を併発してしまう可能性が高くなってしまいます。
そうなってから治療を開始すると、治りも遅く、治療自体に困難が生じてしまいます。
聞き取りにくいという事は決して軽々しい事ではないのです。
耳が全く聞こえなくなってからでは遅いのです。
少しでも症状があらわれたな、と感じたらできるだけ早めに耳鼻咽喉科の専門医を受診するよう覚えておいて頂きたいと思います。
難聴には、日常生活の中で突然起こるものや、ストレス等によって起こるものと原因が様々であるという事がお分かりいただけたかと思います。
一時的なものもありますが放っておくと重症化してしまう事もありますので、気になり始めたら早めの受診をおすすめします。

スポンサーリンク