耳の聞こえが悪い 耳垢 対処法

耳の聞こえが悪い時の対処法は耳垢に関係している

スポンサーリンク

耳の聞こえが悪い時には、まず、耳垢のチェックをお勧めします。
耳垢が詰まっていると、当然、耳の聞こえが悪いと感じられるようになるものです。
この時の対処法は、もちろん、耳掃除をすることです。
あまりにも耳垢が詰まってしまっている場合には、無理に耳掃除をすると、周囲に傷をつけてしまいます。
自身でできない時は耳鼻科で耳掃除をしてもらうといいかもしれません。
耳掃除のために耳鼻科を受診することは可能です。
放置していると、どんどん耳垢が溜まってしまいます。
さらに耳の聞こえが悪いと感じられるようになってくるはずです。
耳が聞こえにくいと日常生活にも支障が出てしまうので、早急に対処法を考えることをお勧めします。
たまに、自身では取れないような固くてびっしりと詰まった耳垢が出てくることがあります。
耳鼻科の専門医でも苦労するほどの大きな塊となっていることもあるので、注意が必要です。
そこまで放置しないように、定期的に耳掃除をすることをお勧めします。
耳掃除の仕方は、一般的な耳かきの使用で構いません。
できるだけ鼓膜などに負担がかからないように優しく行います。

スポンサーリンク

耳の聞こえが悪い原因は耳垢だけではないこともあります。
原因によって対処法も違ってくるので、素人判断をせず、耳鼻科を受診することをお勧めします。
例えば、高熱を出した後に滲出性中耳炎になってしまい、これによって耳が聞こえにくくなることもよくあります。
いつ頃から、どのような状態になったのか、きちんとメモしておいた方がいいかもしれません。
問診でも聞かれます。
耳垢が原因の場合、きちんと耳掃除をすることが一番の対処法です。
耳鼻科でしっかり取ってもらった後からは、自身で定期的に耳掃除をしていきます。
しかし、やり過ぎも良くありません。
あまりキレイにし過ぎてしまうと、かえってばい菌が入りやすくなってしまうからです。
毎日、行う必要はないので、入浴後など、気になる時だけ軽く行うようにします。
毎日、行いたい場合には竹の耳かきではなく、もっと柔らかい綿棒での耳掃除がお勧めです。
これなら鼓膜などに傷をつけにくいからです。
多少、力を入れてしまったとしても、負荷がかかりにくいものとなっているので、安心して利用できるようになっています。

スポンサーリンク