伝音性難聴 疾患 対処法

伝音性難聴という疾患の対処法

スポンサーリンク

難聴とは聴覚が低下した状態のことをいいます。
難聴の種類は原因となる耳の部位によって大きく3種類に分けられます。
伝音性難聴は、外耳から中耳にかけての部分が何らかの原因によりおかされ、伝音器が変化するために起こる障害です。
これに対して感音性難聴は、内耳や聴神経といった感音器の変化が原因で起こる障害です。
伝音性難聴と感音性難聴の両方の症状がみられるのが混合性難聴です。
伝音性難聴は、中耳炎や鼓膜の損傷、耳硬化症などから起こる機能障害で、投薬や手術など医学的な治療が可能であるといわれています。
これに対して感音性難聴は加齢による聴力の低下や、騒音に長時間さらされたことで起こる難聴、突発性難聴などが当てはまります。
医学的な治療による聴力の改善は困難であるといわれています。
伝音性難聴は音が聞こえにくくなりますが、音量を大きくする対処法をとれば明瞭に音を聞き取ることができます。
これに対して感音性難聴は、音が鮮明に感じ取れず音の内容が分からないために、音量を大きくする対処法をとっても音がぼやけるだけではっきり聴き取ることができません。

スポンサーリンク

難聴であるかどうかを判断するには聴力検査を行ないます。
周囲の雑音を遮蔽する防音室でヘッドホンを両耳にあてて行ないます。
更に、難聴の障害部位を調べる検査も行ないます。
伝音性難聴の場合は音を聞く神経には障害がないために、個々の疾患に合わせて投薬や手術を行なったり補聴器を使用する対処法をとれば、聴力を回復させることが可能です。
急性中耳炎の繰り返しなどにより鼓膜に穿孔が生じて耳だれが起こる慢性化膿性中耳炎は、伝音性難聴の代表的な疾患です。
鼓室形成術という手術を行なうことにより聴力を改善することができます。
耳硬化症の疾患からくる難聴には、音の伝わりをよくすることができるアブミ骨手術が有効です。
投薬や手術によってある程度回復したら、補助的に補聴器を使用する対処法もあります。
伝音性難聴の場合、神経は正常に機能していますので、補聴器で音を大きくすればよく聞こえるようになります。
一般的な補聴器は、小型化や性能の向上で一定の効果をあげることが期待できます。
また、補聴器を装着するのが困難な場合には、障害のある外耳や中耳の部分を介さずに頭蓋骨を通して音の振動を内耳に伝える骨導補聴器も効果があるといわれています。

スポンサーリンク