年寄り 聞こえない音

年寄りの聞こえない音を理解すること

スポンサーリンク

年齢を重ねると体のあらゆる器官が衰えてくるため、日常生活にも影響が出る場合があります。
その器官の一つが耳であり、年寄りになると耳が遠いと言われる所以です。
耳が遠いは会話を無視しているのではなく、会話そのものが聞こえない事を指しています。
そのため周囲の人間からは誤解されがちですが、理解する事で年寄りの気持ちに寄り添って対処する事ができます。
そのために必要なのは聞こえない音を知る事です。
若者にとっては聞こえる音も、聴力が衰えた年寄りにとっては聞こえない音になっています。
相手に聞えるよう対処するには、聞き取りやすいよう発音し直す事であり、場所や状況に合わせて臨機応変に対応する必要があります。
何度も聞き返すと双方が嫌な気持ちになってしまうため、そうならないためにも互いが工夫する事が大切です。
年寄りに話す時はなるべく耳の近くで会話をしたり、大声で話すのも有効です。
内容が伝わらない時は図や絵を書いて、視覚に訴えるのも有効です。
工夫次第で会話は弾むため、スムーズな会話を成立させるためには最適な方法を見つけると良いです。

スポンサーリンク

年寄りにとって聞こえない音とは高い音であり、高音になればなるほど聞き逃しが発生します。
そのため低い音でハキハキとしゃべりかけると良く、伝えたい事をまとめておくとスムーズに進みます。
若い頃は高い音を拾う力がありますが、年寄りになると聴力の衰えにより全く拾えなくなります。
そしてそれらの音を拾うために補聴器を付けます。
補聴器は物によって効果や仕様が異なるため、全ての音が拾えるとは限らないですが、弱くなった聴力を少しだけ復活できます。
そのため日常生活で聴力の低下を自覚しているなら補聴器を付けると良く、気持ちの面でも軽くなります。
けれども補聴器も万能ではないため、音を聞き逃す事があります。
そんな時は周囲の人が状況を察して助言する事も大切です。
そして話しかける時は肩に手をそっとかける等、気遣いも必要です。
聞こえていないため急に声をかけられると驚いてしまいますが、肩に手を置くというワンクッションがあれば、次の動作に備える事ができます。
お互いが気持ち良く接するには、それぞれの立場にたって考える事が大切です。

スポンサーリンク