仕事中 声が聞こえなくなる 原因

仕事中に声が聞こえなくなる原因などについて

スポンサーリンク

仕事中に、声が聞こえなくなることがあります。
仕事中に声が聞こえなくなる原因としては、睡眠不足や肉体疲労やストレスの蓄積が挙げられます。
また、継続的に80デシベル以上の大きな衝撃音の中で長時間仕事をすることが原因で、仕事中に声が聞こえなくなることがあります。
原因は、長時間騒音を聞くことが繰り返されることで、内耳の感覚細胞がダメージを受けることです。
内耳にある視覚を司る感覚器官である蝸牛にダメージを受けることが原因で、めまいや耳鳴りが起こります。
仕事中に声が聞こえなくなる原因となる職場としては、工事現場やパチンコ店などがあります。
また、ヘッドホンやイヤホンを装着して声を聞き取っているオペレーターや音楽を聴き続けなければいけない場合も仕事中に声が聞こえなくなることがあります。
内耳にかかる負担が、大きくなるというのが原因です。
ただし、個人差があるので、騒音の環境の中で仕事を続けていても仕事中に声が聞こえなくなるという事態に陥らない人もいます。

スポンサーリンク

仕事中に声が聴こえなくなる場合は、職業性難聴の可能性があります。
難聴が進行してから症状に気付くことも多いです。
ただし、音を感じる有毛細胞と呼ばれる細胞は非常にデリケートで、ちょっとしたショックに対してダメージを受けやすくて再生できなくなります。
したがって、早期の段階で対処することが大切です。
耳鼻科で難聴と診断されると有毛細胞に及ぼす影響を少なくするために、直ちに薬で治療を始めます。
代謝促進剤や血液の循環を良くする薬やステロイド系抗炎症薬が処方されますが、数週間から数ヶ月程度の治療期間が必要です。
職業性難聴が原因で、聴覚を失う場合があります。
職業性難聴は労働災害や公務災害の対象になるので、上肢に相談して病院を受診することが大切です。
また、声が聞こえなくなるという事態に陥らないようにできるだけ騒音を避けることが大切です。
仕事でどうしても騒音が避けられない場合は、耳栓などを使って騒音対策をするのが良いです。

スポンサーリンク