風邪 耳が遠い 不快症状

風邪をひくと、耳が遠いなど耳の不快な症状が出ます。

スポンサーリンク

 風邪をひいて鼻水をかみすぎた時や、鼻づまりの時などに、「耳が遠い」、「耳が聞こえにくい」などの症状を感じることがあります。
風邪による鼻づまりは、鼻の粘膜が腫れた状態なのですが、鼻腔だけではなく、鼻と耳管がつながっている部位も腫れる場合があり、この部位が腫れて通気性が悪くなると、耳が遠いなどの症状を感じるようになるというわけです。
 耳が遠い、聞こえにくいなどといった不快な症状は、カゼが治ると同時に改善されます。
ゆえに、正しい対処法は、何もせずに放置しておくということになります。
早く治そうとして、耳抜きなどをしてしまうと、耳管狭窄症など耳の病気の原因となってしまいますので、注意が必要です。
風邪をひいて、耳が遠い、聞こえにくい症状が、あまりにもつらい場合には、耳鼻科を受診することをおすすめします。
 また、風邪などによる鼻づまりが治ったのにもかかわらず、耳の不快な症状が治らない場合には、侵漏性中耳炎や耳管狭窄症を発症している可能性がありますので、病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

 前述しましたように、鼻づまりによって耳が聞こえにくくなる症状は、ほとんどの場合、そのまま放置しておいても大丈夫です。
しばらくの間様子見をしておいて、鼻づまりが改善された後も、耳の異変が改善されない場合には、ほかの耳の病気を併発している可能性が考えられますので、耳鼻科を受診しましょう。
 耳が遠いなど、不快な耳の症状を改善させるためには、早く薬を飲んで風邪を治すようにすることです。
また、鼻をかむ際には、強くかまないようにすることと、一度に左右両方の鼻をかむのではなく、片方ずつ軽くかむようにすることがポイントとなります。
さらに、鼻水はすするのではなく、かむようにしましょう。
鼻水を強くすすると、耳管を通して中耳の方に、粘液や細菌などが逆流してしまい、炎症を起こす可能性があるからです。
それによって、耳鼻狭窄症などを発症するリスクが高くなります。
炎症によって耳管の内腔が狭くなると、換気や空気の圧力調整がうまく行えないために、耳の不快な症状がでるというわけです。
 

スポンサーリンク